和温療法

和温療法は鹿児島大学・医学部元教授の鄭忠和先生によって開発された、苦痛や副作用がほとんどない「身体に優しい治療法」です。

和温療法の効果

  • 心不全、閉塞性動脈硬化症については、エビデンス(明らかな根拠に基づいた医療)が確立されています。
  • 筋痛性脳脊随炎、慢性疲労症候群などの幅広い疾患に効果が期待できます。
  • その他、更年期における諸症状、冷え、抑うつ、不眠、筋肉関節痛、腰痛症、肩こりや交通事故後のいたみやしびれ、術後の回復についても効果が出ています。

どんな方法?

  1. 心を和ませる温度(40~60℃)の乾式サウナで全身を15分間温めます。
  2. 深部体温を0.5〜1.0℃上昇させた後、さらに毛布に包まれ、リクライニング・ベッドで横になり30分間の安静保温で効果を持続させます。
  3. 終了時に発汗に見合う水分を補給を行います。

和温療法について詳しく知りたい方は和温療法研究所ホームページを参照ください。
和温療法研究所
乾式サウナ
リクライニング・ベッドで安静保温

和温療法の様子

和温療法 入院

医師が必要と認めた場合、疾患の治療のため入院していただき、併せて和温療法を実施していただくことも可能です。
受診のご予約など詳細につきましては、代表番号までお問い合せ下さい。
和温療法の詳細をお聞きになりたい方は、火曜日と木曜日にご連絡ください。担当者へお繋ぎ致します。

「和温療法について」とお申し付けください。 048-477-7300 (平日)9:00 ~ 16:30 ※土曜12時まで

費用の目安

3週間(21日間)入院された場合の自己負担額の目安(健康保険自己負担割合30%の場合の例)

①入院診療料・食事療養等:160,000円~
②差額室料(4人室:1日5,000円の場合):105,000円
合計:265,000円~

※ ①の入院診療料につきましては、同一月に医療費が一定額を超えた部分については、高額医療制度の対象となります。
患者さんの申請に基づいて、健康保険から支給されます。
支給額は所得額・過去の支給実績等によって異なります。
詳しくは、ご加入の健康保険事務局までお尋ねください。