リウマチ科

リウマチや膠原病を早期診断することにより、関節の変形や内蔵の障害などの予防をいたします

難病なのでどうしてよいか分からないとお悩みの方は是非担当医師までご相談下さい。
「リウマチ」・「膠原病」のエキスパートである松原医師(日本リウマチ学会登録ソノグラファー)が診察します。

主な症例

  • 関節リウマチ
  • リウマチ性多発筋痛症
  • シェーグレン症候群
  • 多発性筋炎/皮膚筋炎

医師紹介

松原 絵里佳
松原 絵里佳
総合内科/リウマチ科

松原 絵里佳 医師

略歴 島根医科大学医学部卒業(現 島根大学)
東京大学医科学研究所附属病院
所属学会・資格 日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 認定内科医
日本リウマチ学会 専門医
日本リウマチ学会登録ソノグラファー
自己紹介 私は関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの膠原病(こうげんびょう)の診療をしてきました。
膠原病は自分の体を守るはずの免疫が自分自身を攻撃してしまう病気で、様々な臓器が障害されます。
こうした疾患の特性上、全身を診る科でもあります。
専門分野のみならず内科全般の治療を行い、必要に応じて各分野の専門医と連携をとって診療していきます。
関節リウマチでは、生物学的製剤をはじめとした抗リウマチ薬による治療が飛躍的に進歩しています。
関節が腫れて「痛い」「こわばる」など関節症状にお悩みでしたら是非受診してみてください。
病気と上手に付き合いながら社会生活ができる手助けができたらと思います。