リウマチ科

リウマチや膠原病を早期診断することにより、関節の変形や内蔵の障害などの予防をいたします

難病なのでどうしてよいか分からないとお悩みの方は是非担当医師までご相談下さい。
「リウマチ」・「膠原病」のエキスパートである野中泰延医師が診察します。

※ 野中医師は日本リウマチ財団の登録医として長年この領域の治療に携わっております。

主な症例

  • 関節リウマチ
  • リウマチ性多発筋痛症
  • シェーグレン症候群
  • 多発性筋炎/皮膚筋炎

医師紹介

野中 泰延
総合内科/リウマチ・膠原病 血液の病気

野中 泰延 医師

略歴 東京大学医学部卒業
東京大学医学部第二内科講師
東京警察病院内科部長 を歴任後
静風荘病院 院長 を経て 現在 特別顧問
所属学会・資格 大動脈炎症候群(高安病)にて学位取得
日本リウマチ財団登録医
日本内科学会認定医
自己紹介 大学の医局時代は、血液の病気、リウマチなどの膠原病(免疫の病気です)の専門医として診療しておりました
当時より患者さんはそれぞれ様々な病気を同時にもっていることを痛感し、専門別の診療に限界を感じておりました。患者さんの病気の全体像を理解する為に広く医学全体を学び、総合診療医を目指しております
また、近年医師の仕事として病気の治療にとどまらず、積極的に病気の予防をし健康をつくる医療にもチャレンジしています。
静風荘病院は、都会のせわしない病院と異なり、スローライフの病院です。当院で、皆様のお役に立てることを願っています。
著書:『生命力』(NTT出版)
著書:『やさしい血液の基礎知識』(オーム社)他
趣味:囲碁(8段格)、ゴルフ