広報誌第8号[2021年5月]

インタビュー 医師/清水 浩

インタビュー 医師/清水 浩 患者さんの力になりたい。

慢性期の治療に全力を尽くす

私は高校の時、生徒ために必死になる先生に憧れ、将来は教師になりたいと思っていました。

しかし、受験で失敗し、もう一度将来について考える時間ができた際、思い出したのは、原因不明の胸の痛みに苦しんだことでした。
結果的に肺気胸という肺が縮む病気だったのですが、誤診により3ヵ所の病院を回り、2回入院を繰り返しました。

それからというもの運動することに対して躊躇するようになってしまいましたが、そこまで難しい病気だったのかと疑問に思い、医療に対する興味が湧いてきました。

その後、神戸大学医学部へ進学し、研修員時代には内科や小児科など様々な科目を経験しました。
私は手術して元気に退院していく患者さんを見て「自分も力になりたい」と、以来35年間外科医としての道を歩んできました。

務めていた病院では、24時間365日対応するのが当たり前で、救急を「絶対に断らない」と目まぐるしく毎日が過ぎていきました。

ただそうした中でも体力的な衰えは感じます。
そして手術や治療した患者さんがその後、問題なく生活ができているか心配になる事も数多くありました。

今後はそうした急性期を終えた方々に寄り添い、自分が経験した外科の知識なども活かしながらより患者さんや地域に貢献できればと思っています。

静風荘病院へは4月から赴任しましたが、看護師の方たちはきびきびと動き、地域に密着した素晴らしい病院だと思います。
この静風荘病院の一員として、皆さんの一助になれれば幸いです。

清水医師の略歴を見る
すまいる通信

今回のテーマ がん統計: がん罹患数

死亡数のトップは肺がん【2019年】

国立がん研究センターのがん統計調査によると、2019年の死亡数トップは肺がんです。
また男性の肺がんでの死亡数は2位の胃がんの2倍近くにのぼります。

がん死亡数が多い部位[2019年]

どの部位のがん罹患が多いか(新たにがんと診断されること)


部位別がん罹患数[2017年]

男女ともに肺がんの罹患数はとても多いことが分かります。
また年齢別による特徴を簡単にまとめました。

【男性の年齢別特徴】
  • 40歳以上で消化器系のがん(胃、大腸、肝臓)の罹患が多い
  • 70歳以上では前立腺がんと肺がんの割合が増加
【女性の年齢別特徴】
  • 40歳代では乳がん、子宮がん、卵巣がんの罹患が多い
  • 高齢になるほど消化器系のがん(胃、大腸、肝臓)と肺がんの割合が増加

毎年の健康診断では内視鏡検査だけでなく肺がん検診や乳がん検診なども忘れずに受診しましょう。

参考: 国立がん研究センターホームページ

医療費/転院/施設入所/在宅診療 医療福祉相談

医療相談室

医療ソ-シャルワ-カ-が医療・地域・行政のネットワークを活かし、様々な問題の解決方法を一緒に考えます。
不安な事はお気軽にご相談下さい!

「医療相談」とお申し付けください。 048-477-7300 (代表) (平日)9:00 ~ 16:30 ※土曜12時まで
医療福祉相談の詳細へ
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-9-28
048-477-7300